スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幼い頃、夢中で拾った
かわらの小さな石
海辺の磨り硝子
色鮮やかな貝殻

近所の工務店で買った紙ヤスリで
わくわくしながら磨き始めてみたけれど
大変すぎて
けっきょく 途中であきらめてしまった
夏休みの自由研究

おとなになるにつれて
いつの間にか
「価値がない」と、学習してしまった
子供の頃のたからもの

でも
それは
ほんとうに 価値のない もの?

いいえ
そんなことは ありません
きちんと手間をかけて
綺麗にしてあげれば
それらは やっぱり たからもの なのです

だって そうでしょう?
大昔の人たちは
かわらの綺麗な石や海辺の貝殻に
とても 大きい価値を見い出していたのです
小さい頃の私たちと同じように

ご立派な宝石みたいな
お金に換えられる価値は持っていなくても

美しいものは美しい
綺麗なものは綺麗

ここは
そんな子供の頃に大切にしていた
綺麗な石を愛でるところです
スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

プロフィール

千月 黎

Author:千月 黎
主に田川(栃木県宇都宮市)で拾った石を使って彫金でシルバーアクセサリーを作っていく予定です。予定は未定。
小説サイト持っています→こちら

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。